建具の引き戸にはさまざまな種類があります

建具は、開き方によって開き戸と引き戸の2種類に分けられます。開き戸は、一般的にドアと呼ばれており、引き戸は戸を横にスライドさせるもののことで、バリエーションによって引き込み戸や引き違い戸などがあります。開き戸は気密性が高く、外部に音が漏れにくい、少ないスペースでも取り付けられるなどのメリットがある一方、引き戸はドアのように可動スペースが不要なため部屋を広く使えるほか、ご高齢の方や身体が不自由な方でも扱いやすいなどといったメリットがありますが、引いた戸を納めるスペースが必要であるなどデメリットもいくつかあります。バリアフリー化が進む近年は引き戸の人気も高まっており、リフォームなどで引き戸を選ぶ人も増えていますが、引き戸をはじめ、建具を選ぶ際には生活に合うものを探すことが何よりも重要です。そのため、快適に暮らすためには事前に建具の特徴をしっかり把握した上で検討することが大切です。

建具の引き戸を探す際のポイント

建具には開き戸や引き戸などいくつかタイプがあり選択肢が多いですが、選択次第で生活のしやすさも大きく変わってくるため、建具を探す時には使い勝手の良いタイプの建具を選ぶということが重要になってきます。中でも、引き戸は開き戸とは違い、引いた戸を納めるスペースが必要であり、引いた戸を納めるスペースにはコンセントやスイッチが付けられないなどデメリットも多く、現在のマンションや戸建て住宅では開き戸が主流となっています。しかし、引き戸の場合は開き戸のように風でバタンと戸が閉まることがないので開けっ放しにできることや、開け閉めも簡単なため、ご年配の方や小さなお子さんがいらっしゃるご家庭や、バリアフリーにリフォームを検討しているご家庭にも安心して使うことができます。建具に引き戸を検討している場合は、不便なく生活できるか考慮した上で探すことも大切だといえます。

建具の引き戸を選ぶ際に注意しておきたいポイント

さまざまなメーカーから発売されている引き戸は、種類や色も豊富でどのメーカーのものを選べばよいのか迷ってしまうという人も少なくありません。建具というのは、建具そのもののグレードによって部屋の見た目や雰囲気も大きく左右されてしまうものです。それぞれのグレードにはいくつか種類や色が用意されていますが、やはりグレードが高い建具と低い建具では、見た目も大きく違ってきます。また、木目調など中途半端な色のものを選んでしまうと安っぽく感じてしまうこともあります。そのため、建具を選ぶ際には白色や濃い色など、見た目の印象に影響されにくいものを選ぶということも大事なポイントです。部屋の中でもかなりの面積を占める建具は、その分見た目で部屋の印象や雰囲気も大きく異なってしまうため、引き戸を選ぶ際には失敗のない色を選ぶことも重要なポイントといえるでしょう。

窓を開けたままでも安全!高い防犯効果が期待できる後付け面格子が人気! 商品のお問い合わせはお電話・インターネットで受付中! 「リフォームおたすけDIY」は商品のみの場合は、5~10日程度でお届けします!「リフォームおたすけDIY」はご自身で住宅のリフォームをするお父さんを応援します! DIY女子から、本格的に家のリフォームをしたいお父さんまで幅広く応援します。 建具や引き戸のみお探しの方はこちら