おすすめの建具の引き戸を解説します

建築物の間仕切りとしての役目を担っているのが、建具です。建具にも種類があり、開閉や構造の如何によって呼び名が違います。今回ご紹介するのは、引き戸と呼ばれる扉の一種です。基本的な構造は、レールや溝に引き戸を設置して動かし、左右に開閉させて扉や間仕切りとして利用します。この形式には様々なメリットがあり、第一にあがるのが利用時の安全性です。取手を前後に引く開き戸や折り戸は、開閉の際に前後に人や障害物があると思わぬトラブルを引き起こしてしまいます。悪天候の時にも、大した力を入れなくても開閉が簡単で、尚且つ風や雨の勢いで扉が迫ってくる心配もありません。利便性の面でも引き戸は優れており、住居の空間を広くしたい場合や他の家具を設置するスペースを確保したい場合にも便利です。

建具の種類でも沢山ある引き戸の分類

建具である引き戸にも、構造や設置方法で呼び名が違います。日本で古くから使われている襖や障子も引き戸の一種です。一枚から数枚の引き戸を壁にスライドさせて開閉するスタイルのものは片引き戸と呼ばれ、左右どちらかの片方向に壁に沿って扉を移動させます。扉を開けるスペースを壁に確保しにくい場合には、引き込み戸がお勧めです。部屋を隔てる壁と壁の間に扉を収納する事により、開けておけば扉は目につかず解放感が得られます。設置時に注意すべきは、壁の強度を損なう危険もありますので、きちんとした技術を持つ工事会社に依頼したほうが良いです。扉を左右どちらにもスライドさせたい時には、引き違い戸が向いています。壁のスペースを多めに確保する必要が出てきますが、開閉が左右どちらにでも可能な便利な点が最大のメリットです。

使用目的に合った引き戸を選ぶ方法

建具のタイプで引き戸を選択したら、最初に考えるべきは壁面などの扉を収納するスペースです。開閉時に前後の空間を遮らないのが引き戸の最大のメリットですが、使用する際には扉を左右にスライドさせるスペースを確保しておかねばなりません。従ってコンセントや壁に直接接するインテリアの使用が制限される側面もあり、配置する場合に問題が出ないかも購入前に再確認する必要があります。次に注目したいのが、家そのものと他インテリアとのマッチングです。引き戸そのものが気に入るデザインであっても、設置する場所にそぐわない物であれば目にする都度浮いた印象を受けてしまい、結果として合わないと感じて後悔してしまう事もあります。ギャップを防ぐには、配置したい場所の写真を取っておき、気になる引き戸があったら写真と照らし合わせて組み合わせに無理が無いか目で確認すると間違いがありません。