どんな引き戸を建具に合わせたら良いのか

建具の選び方によって今後の生活のしやすさは大きく左右される程、建具の存在は大きなものです。その中でも近年人気が高まっているのが引き戸です。引き戸とは引いて開ける建具を指しています。引き戸といえば、どちらかと言うと和室に使用する建具というイメージがありますが、近年の引き戸のバリエーションは豊富になっているため、和室洋室問わずさまざまな場所に設置されています。設置するために壁面が必要となりますが、扉をスライドさせ開け閉めするスタイルなので、部屋を広く使うことができます。また開け閉めの動作が簡単で、開け放して風の通りを良くし、取り外して部屋を大きく使うこともできるため、このような使用法をしたい部屋の建具に引き戸を取り入れると、通常のドアタイプの建具よりも、部屋としての可能性が広がります。

建具のさまざまある引き戸の種類とは

建具の引いて開ける戸である引き戸には、大きく分けて3つの種類があります。まず1つ目は、一般的なイメージの引き戸となる片引き戸です。2つ目は、何枚もの引き戸を引き込むことによって建具の存在感を消すことができる、引き込み戸です。こちらは、リビングなどで一体感を出したい部屋で使用すると大きな効果を発揮します。そして、最後は引き違いで扉を動かすことができる引き戸の引違い戸です。こちらは押入れなどの収納で使用することが多くあり、部屋で使用することはあまりないようです。さらに引違い戸は、扉を開け放していても扉がどこかに残ってしまう部分があるため、部屋に開放感を出したい時には引き込み戸をつけることをおすすめします。引き戸のメリットとして、ドアよりも動作が少なくて済む点や、スペースを有効活用しやすい点が挙げられます。

最適な建具の引き戸の選び方とは

部屋を出入りするために重要な建具の引き戸ですが、風通しや換気、採光といった機能も同時に考える必要があります。まず家全体の風通しや換気をするためには、部屋と部屋を仕切っている建具を開け放す必要があります。その点引き戸ならそのまま開けておくことができます。また採光は建具のデザインに大きく関係します。リビングといった周囲を明るくしたい場所では、戸の全体や一部にアクリル板やガラスを用いることで、戸を閉めていても明るさを保つことができます。トイレなど人がいるかどうかを知りたい所には、戸の一部分に光が漏れる箇所を作っておくと良いでしょう。引き戸のデザインを考える時には、どの程度光を通したいのかも考慮すると良いでしょう。また音も重要です。一般的なドアと比較すると、引き戸は音が漏れやすいとされていますが、音が気にならない生活、音を気にしない生活であれば、引き戸でも音のトラブルは起こらないでしょう。