建具の引き戸にもさまざまな種類があります

建具とは、建物の出入り口などの開口部にある開閉機能を持つ仕切りのことです。和風ですと、障子、戸障子、板戸、ふすま、雨戸などが有名で、洋風になるとガラス障子が有名だと思います。引き戸とは読んで字の如く左右に引き動かして開け閉めをすることができる扉のことです。開き戸であるドアは前後の開け閉めになります。また基本は同じですが、引き戸の中には方引き戸、引き込み戸、引違い戸という物にわかれます。方引き戸は戸が一枚あり、それをスライドさせて開け閉めするものです。部屋の入口の戸は、これが一般的です。次に引き違い戸は二枚以上の戸を交互に組み、スライドさせることで壁にも戸にもなるものです。押入れなどに使われているのは引違い戸です。そして引き込み戸は戸を全て壁の中などに片付けるスペースがあり、枠が全開になるものです。横スライド式の雨戸はこの方式になります。

建具の代表である、引き戸と開き戸の違い

バリアフリーが推奨されるようになって、ずいぶん経過しますが、開き戸のように、開け閉めする際に、自分が後ろに下がることになり、押す力が必要である必要がない引き戸は、ずいぶんと重宝されており、また少し開けておくことができる、外して開放感を演出できるなどのメリットがあります。当然デメリットもあり、開き戸のようにカギをかけることはできませんし、密閉性が落ち、風通しが良い代わりに隙間風が気になることがあります。また引き戸は扉をスライドするわけですから、壁を扉一枚分空けておく必要性があるため、スイッチやコンセントを設置する場所に制限がでてきます。建具を考える時に、何を優先させるのかを大事にする、つまり生活動線を考えることが大切です。引き戸や開き戸の他に、観音開きと呼ばれる物や、折れ戸と呼ばれる観音開きの戸が折れるものなど、建具は様々な種類があります。

建具もさまざまありますが、引き戸も材質がさまざまあります

引き戸は方引き戸、引き込み戸、引違い戸という違いがありますが、戸自体にも多くの種類があります。日本家屋でよく見る物は、やはり障子とふすまです。格子状の枠に障子紙を貼った障子は光を取り込みますからカーテンの役割を果たしており風情がありますが、破れますし、遮光機能は無いため、雨戸が無ければ日が差し込み、朝や西日がまぶしいと感じることがあります。ふすまは一枚の紙を枠に貼り、板戸は板を組み合わせて模様を描かれているもので、どちらも光が差し込むなどはありませんが、重さがあります。欄間とは、天井と鴨居の間に設けられた、採光用、もしくは通気用の引き戸ですが、日本家屋以外で見ることは、あまり無いと思います。このように、家の雰囲気に合わせる材質や扉を設置する場所など、建具は様々な種類を選ぶことができます。常識にとらわれることもありませんが、建具の理想を求めることも素敵だと思います。