最近人気がある建具の引き戸の特徴

自宅や職場など様々な場面で扉を利用する事があると思います。扉がない建物を探す方が難しいと言っても過言ではないほど、その需要は多く様々な種類があります。その中でも最近人気が出てきている建具が引き戸です。扉には大きく分けて2種類あり、扉を押したり引いたりして開閉するものを開き戸と言い、対して扉を左右に引く事で開閉するものを引き戸と言います。開き戸の場合、扉を押したり引いたりするのでその場所に何かものが置いてあると開く事ができません。扉が開閉するスペースは空間を開けておく必要があります。引き戸の場合は扉を横にずらして開閉するので扉の出入り口に物が置いて会っても開閉する事ができるのが特徴です。このように、スペースを有効活用できるという点でも引き戸は注目されてきています。

建具の引き戸にはどの様な特徴のものがあるのでしょうか

建具の引き戸には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。まず一番一般的なのが片引き戸です。扉を左右どちらかに動かして開け閉めするタイプです。1枚とは限らず2枚3枚と連動する場合もあります。このタイプと似た仕様なのが引き込み戸です。引き込み戸はその名の通り、壁の中に扉を引き込んで収納し開閉するタイプです。扉を開けた時は扉の姿が隠れるので、見た目もスッキリして開放感が出るのが特徴です。次にポピュラーなのが引き違い戸です。少し広い和室などではこの仕様の引き戸が多いです。2枚の扉をどちらかに寄せることで開閉します。右に寄せれば左から左に寄せれば右からと、寄せる側によってどちらからでも行き来できるのが特徴です。もう一つは両引き戸です。2枚の扉を左の扉は左に、右の扉は右にとそれぞれ両側に開いて開閉します。仕組みは片引き戸と同じですが、扉2枚分のスペースができるので大きい出入り口に用いられます。

最近人気のある建具の引き戸とは

建具の引き戸の中でも使用者の要望に答えた性能がある引き戸が人気を集めます。引き戸の取り付け方によっても使い勝手は変わっていき、例えば引き戸を稼働させるレールを取り付ける際従来は下と上にレールをつけはめ込む形で取り付けていましたが、最近はバリアフリー設計も必要とされているため、下側のレールを取り除いた引き戸が人気です。こうすることによって、レールにつまずくこともなくなり、車椅子での移動も楽になります。引き戸を開閉する取手も人気を左右するポイントになります。従来は引き戸に少し凹みを作りそこに手をかけて扉を開閉していましたが、より簡単に誰でも開閉できるようにと、手の指が入り切るぐらいの深さの取手を付けることで、指をひっかけやすくなり、力も入れやすくなります。力の弱い子供や、体が不自由な方でもより開閉しやすくなっています。このようにバリアフリー設計を取り入れた引き戸も人気の理由の一つです。